文化庁国立近現代建築資料館「平成29年度国立近現代建築資料館収蔵品展」の開催について

印刷版(784KB)

平成29年5月18日

国立近現代建築資料館では,これまで,「坂倉準三展」(平成25年度),「吉阪隆正+U研究室展」(平成27年度),「大髙正人展」(平成28年度)を開催し,各建築家の設計思想や挑戦の軌跡を多様な建築資料を用いて御紹介いたしました。

それぞれの展覧会の観覧者は約1万人にも及び,御好評を頂きました。そこで,この度の展覧会では,この3人の建築家の活動を,具体的な建築プロジェクト〈坂倉準三:出光興産給油所関連施設,吉阪隆正+U研究室:ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館,大髙正人:農協事務所建築〉に焦点を当てて,各人がどのようにプロジェクトに向き合い,試行錯誤を重ね,発想を膨らませたのか,その情熱を過去の展覧会で御紹介できなかった資料群を通じてお伝えします。あわせて,新規収蔵資料として,渡辺仁と平田重雄の建築資料を初めて御紹介します。(別添資料)

開催概要

  • 名称:平成29年度国立近現代建築資料館収蔵品展
  • 会期:平成29年6月10日(土)~9月10日(日)
  • ・会場:文化庁国立近現代建築資料館
  • (東京都文京区湯島4-6-15湯島地方合同庁舎内)
  • ・開館時間:10:00~16:30
  • ・休館日:会期中無休
  • ・主催:文化庁
  • ・協力:公益財団法人東京都公園協会

<担当>文化庁長官官房政策課

課長
杉浦久弘(内線2803)
課長補佐
土居孝一(内線2804)
電話:
  • 03-5253-4111(代表)
  • 03-3812-3401(資料館係直通)

<問合せ先>国立近現代建築資料館

副館長
橋本祥介
電話:
  • 03-3812-3401(資料館係直通)
E-mail:
nama@mext.go.jp

別紙

本展覧会の見どころを御紹介しています。

本展で御紹介いたします建築家の略歴です。

本展の広報用図版です。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,https://get.adobe.com/jp/reader/からダウンロードしてください。

ページの先頭に移動